現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連観光スポット
05.05 14:13

大連浜海路

テキストサイズ

大連市南部に位置する浜海路風景区は、全長32キロであり、海岸線に臨んでいる12箇所の観光スポットを貫き、大連市における風景の最も素晴らしい観光道路と言われています。20世紀80年代に入り、かつて軍用道路であった海浜路は、観光道路として改装され、1988年には、旅順口風景区とともに、「国家重要名勝区」に登録されました。海浜路に沿って歩きながら、沿道の山々や美しい花、海洋や岩石など様々な景色が次々と目に入ります。

海浜路風景区全体の中でも、「虎灘楽園」から「傅家庄公園」までが、最も有名な風景であり、観光客が一番多い風景区でもあります。道沿いには、「北大橋」、「燕窝岭公園」、「秀月蜂」などの名所が順に並んでいます。西の部分は「傅家庄公園」から「星海広場」まで続き、道沿いには「傅家庄公園」、「銀沙灘」、「金沙灘」、「白雲山風景区」、「南大亭」、「星海広場」などの風景区が建てられています。ここは浜海路全域において、もっとも短い部分です。傅家庄公園から出発して、「銀沙灘」までを道なりに進むと、数多くのホテルや療養所、リゾート地、別荘などが建設されています。

浜海路の北端は、海之韵広場から棒槌島ホテルまでであり、浜海路全体において、一番険しい部分なので、ほかの部分よりも開発が遅れています。沿道には「海之韵広場」、「十八盤怪坡」、「天台日出」などの風景区が揃い、総じて東海公園と呼ばれています。浜海路の東部は、棒槌島風景区から虎灘楽園までの風景区で、浜海路全体で一番長い部分です。道を歩きながら、棒槌島風景区や石槽風景区や虎灘楽園を見ることができます。

 

 

 

“奇妙な坂”は浜海路“十八盘”の上の区画に位置している。


 

 “十八盘”は浜海路の一部分の“S”形のすごく曲げている険阻な山道の平易で分かりやすい言い方である。“奇妙な坂”は長さ60メートル、広さ4メートル、見たところは東が高く西が低い坂のようである。しかし、車でここに来て、止まって、車は神秘な力に牽引されて坂の上に走る。前行きのスピードは遅くて無理に感じるではなく、かなりはっきり見て取れるようである。もし自転車でここに来て、その感覚はもっといい。自転車に乗る人は乗らなくても坂の頂上にいける。逆に坂を下りるとき、必ず力を入れて乗らなくてはならない。機会があれば、ここに来て、やってみてください。“奇妙な坂”の名前は山に近寄るほうの山の身に表示している。前方の遠くないところに素朴な浜海路の展望台があり、探しやすいところである。

 

 

    関連情報