現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連イベント
01.16 10:04

【特別企画】中国春節――旧正月

テキストサイズ

 ●「年」の起源

春節とは、すなわち陰暦の新年で、中国の主要な民間の祭日である。なぜ春節を「年」というのだろうか? それは、もともと「年」は「稔」の初期の書き方で、古代の辞書には、みな「年」を「禾」の部に収めてあり、「谷禾豊稔」(五穀豊穣)の意味をあらわしていたからである。>>詳細へ

●大晦日の伝説

中国では、12月31日・大晦日の夜を「除夕」という。「除」という字は除去という意味で、「夕」は夜という意味である。つまり一年の最後の夜を送り、新しい年を迎える意味だ。大晦日は「除夕」のほか、「除夜」の「年夜」または「年三十」とも言われる。>>詳細へ

●春聯は門に満つ

春節には、家々が軒並みに「桃符」という桃の木で作った二枚の板を門の両側にかけ、凛々しい門神やまっ赤な紙の対聯(対になっているめでたい文句)を貼り、どこもかしこも、みな目のさめるような美しい色でいろどられ、おめでたい気分に満ちあふれる>>詳細へ

ドラ・太鼓競いと獅子舞

ドラ・太鼓競いと獅子舞は、新年のにぎやかな遊びで、南方の農村で盛んである。年末から正月十五日のあいだ、ドラや太鼓の音が四方八方からひびき、たえることがない。>>詳細へ

●大連花火爆竹迎春会

 大連花火爆竹迎春会は、毎年旧暦一月二日から八日まで開催され、中国国内でも有数の規模と人気を誇る迎春会である。>>詳細へ

●“魅力中山”新春京劇夕べを行う

先日、伝統芝居《竜鳳吉祥》は宏済大舞台で上演して、これは1年1回“魅力中山”新春京劇夕べ、 毎年1度の“魅力中山”はもう11回を催す。>>詳細へ

大連労働公園、20万飾り提灯100個竜を展示

1月23日(正月初一)―2月6日(正月15)、労働公園で大連花火爆竹迎春会は催しれ、大型飾り提灯展、正月用品商売、民間芸術、特色一品料理と民俗イベントを行う。園遊会の入場券は1人20人民元。>>詳細へ

大連:春節期間、就労者専用団臨時列車を増発

大連は初めて就労者専用団臨時列車は15日15時02分出発して、就労人員は1200人、L833専用列車に乗って、佳木斯を帰る。>>詳細へ

2012大連花火爆竹迎春会、1月24日~2月6日行される

大連花火爆竹迎春会が1月24日~2月6日催すと予定する。花火大会、労働公園園遊灯会、民俗出演などイベントを行される>>詳細へ

 

 

 

 

 

 

    関連情報