世界経済フォーラム概要 _大連情報サイトは総合日本語サイトです
現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → 2015ニューチャンピオンズ年次総会 → 
08.28 09:56

世界経済フォーラム概要

テキストサイズ

日本語:世界経済フォーラム

日本語:せかいけいざいふぉーらむ

英 語:World Economic Forum

略 称:WEF 概 要:法人会員制により1200以上の企業や団体が加盟する非営利の公益財団(1971年創設)

本拠ジュネーブ

理事長は創設時よりクラウス シュワブ博士(ジュネーブ大学教授)。

世界経済フォーラムはジュネーブに本部を置く独立の非営利財団。1971年にシュワブが「ヨーロッパ経営者フォーラム」として設立し、現在も理事長を務める。およそ2000人の参加者が1週間にわたり経済から文化まで幅広く語り合いる。世界の経済?ビジネスに関係する政治家、学者、財界のトップが集まるので、「世界の知性の集い」とも呼ばれている。

  世界の政治経済の動向について、最新の情報が交換される。要人の重要発言が飛び出したり、極秘のトップ会談が行われたりと、民間財団の主催ながら世界中で注目されている会議である。

  世界経済フォーラムは、毎年、「世界競争力報告」を発表している。この報告は、企業経営や技術革新、通貨の安定性などを基準にして、各国の競争力を比較している。

  2006年より新しい指標を導入。制度的環境、社会基盤整備、マクロ経済、保健衛生?初等教育、技術革新など九分野にまたがり、合計90項目で評価される。

  *1971年より毎年1月末から2月初めにかけ、WEF(世界経済フォーラム)がスイスの観光地ダボスで開催。

  *WEFに加盟する企業団体の年次総会との位置付け。加盟企業 団体のトップのほか、政 官 学等からの招待者(招待は、加盟企業?団体に裨益するとの観点からWEFが選定した個人あてに行われる)を含め計2500人近くが参加。

  *毎年メインテーマを設定し、経済、グローバルな問題、地域問題、経営と技術、科学?医学、芸術、文化など幅広い分野にわたり、150近い総会セッションに分かれて議論を展開。議論の模様は、Financial Times、Time誌等世界の主要メディアで報道。

  *世界的に活躍する各国の政財界指導者、文化人、学識経験者約2000人が参加し、200を超す各種セッションに参加し、企業経営から安全保障、教育からエイズ、そして地球環境問題といった広範なテーマを議論する。

 

 

 

 

 

(天健ネット日本語版)

    関連情報