現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → 2015ニューチャンピオンズ年次総会
08.28 10:03

世界経済フォーラムの歴史

テキストサイズ

世界経済フォーラムが誕生したのは、欧州委員会と欧州産業組合の影響力がまだ色濃く残っていた1971年1月、ヨーロッパのビジネスリーダーたちが一同に会した時でした。ドイツ人のクラウス・シュワブ(当時ジュネーブ大学経営政策学部教授)が、スイスのダボスで開かれた会合の議長を務めました。

世界経済フォーラムが最も一般的に周知されているのは、ダボス-クロスタースでの世界経済フォーラムの年次総会でしょう。何年もの間、数多くの経済界、政界、また市民社会のリーダーたちがスイス・アルプスのリゾート地まで足を運び、その時々の主要な世界規模の問題を検討したり、その解決策を模索してきました。

多くの世界機関は、参加国の数が多いこと、また強力な政界のリーダーたちが会議に参加することで注目を集める一方で、世界経済フォーラムの年次総会は、世界中で行われるフォーラムに関連する全ての活動や取り組みも含め、政界、ビジネス界、また市民社会の中でも最もシニアかつ有望な重要リーダーたちが互いに連携しつつも平等な権利を有する「ダボスのスピリット」を作り上げています。

シュワブ教授はまず、スイスのジュネーブに本部を置く非営利団体として、ヨーロッパ経営者フォーラムを設立しました。そして、毎年1月に開かれるダボスでの年次総会に、ヨーロッパのビジネスリーダーたちを招きました。

シュワブ教授が当初、会議で力を入れていたのは、ヨーロッパ企業がいかにしてアメリカの経営慣行に追いつくことができるかという点でした。同時に、「ステークホルダー」の経営アプローチという手法を作り上げ、推進していきました。これは、企業の成功を考える際に、企業の株主、クライアント、顧客だけではなく、従業員やその企業が置かれている政府を含んだコミュニティのあらゆる利益を経営者たちが考慮に入れるというものでした。

シュワブ教授の目指した世界経済フォーラムのあり方は、マイルストーンを達成することで着実に発展していきました。1973年にもブレトンウッズ協定による固定為替相場制が崩れ、第四次中東戦争が起こった事により、年次総会は経営から経済、社会までその焦点を広げ、1974年1月には政治指導者が初めてダボス会議に招待されました。

その2年後には、メンバーシップの仕組み、「1,000のリーディングカンパニー」を発表しました。ヨーロッパ経営者フォーラムは初めて中国の経済開発委員会とパートナーシップを結んだ初めての非政府組織となりました。世界中の地域での会合が活動に加わり、1979年の世界競争力レポートを発行すると、組織は知識のハブとしても役割を果たすようにもなりました。

ヨーロッパ経営者フォーラムは1987年に世界経済フォーラムへと名前を変え、国際紛争を解決するプラットフォームを提供することを目指しました。世界経済フォーラム年次総会が節目を迎えたのは1988年のギリシャ、トルコ間に調印されたダボス宣言で開戦を回避した時や、北朝鮮と韓国が1989年に初めてダボスで首脳級会談を持った時でした。同じ会合では東ドイツの首相であるハン・モドローとドイツ書記長のヘルムットコールがドイツ再統一を話し合い、1992年度年次総会では、フレデリック・ウィレム・デクラーク 南アフリカ共和国元大統領がネルソン・マンデラ 南アフリカ共和国大統領、マンゴスツ・ブテレジ インカタ自由党議長と会見し、南アフリカ以外の国で初めて顔を合わせることとなり、国の変革のためのマイルストーンとなりました。

フォーラムは以来企業や市民社会、政治などの各セクターと共に、公的機関と私企業のパートナーシップを持つ中心となり、インドの健康問題やアフリカの慢性的な飢餓と戦うため戦略を構想させています。フォーラムはまた、知的センターとして新たにグローバルジェンダーギャップレポート、グローバルリスクリポート、地域シナリオ分析レポートレポートなど他の様々な競争力レポートを発行するに至っています。

 

 

    関連情報