現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → 写真ニュース → 大連・写真ニュース → 
06.13 10:56

大連桜桃、一日の国内運輸量200トンに達す

テキストサイズ

2017中国大連国際桜桃祭は始めて、30機チャーター機、東北列車100節、300台内大型バス、7000個観光団体、ドライブ15万台自動車、200万人観光客、23億元総合観光消費額に達すと予定する。 今年、大連市政府は7顶山で「大連桜桃取引きの集散センター」を設立して、取引量1万トンを突破すると予期する。

また、順豊航空は大連桜桃に3機専用機チームを設して、全国に大連桜桃を運送する。一日の国内運輸量は200トン、6月期間大連地区の桜桃国内運輸量は6000トン以上と見通する。

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

(天健ネット日本語版)

    関連情報