現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → インタビュー
06.28 13:45

新技術で教育と就職体系を作って、どのように確保増長と治理収容性を討論する

テキストサイズ

27日午後、2017年大連に夏のダボスは、スウェーデン首相ステファン・ロベーンとフィンランド総理ユハ・シピラは同時に出席して、新技術で教育と就職体系を作って、どのように確保増長と治理収容性を討論する。

スウェーデン首相ステファン・ロベーンは完全就職は全世界性の難問になって、 発展中で 「人」を忘れて、ただ、労働は「人」が提供して、一つ一つ 「人」は個体として収容に入って、持続発展な目的に達成すると話す。

フィンランド総理ユハ・シピラ は私たちはもう変化に、特にデジタル化がもたらした変化が準備することをこしらえて、重要なものはチャンスをつかむと示す。

 

 

 

 

 

(天健ネット日本語版)

 

上一篇 :

    関連情報