2030年まで人工知能が全世界14%GDP増長を向上する _大連情報サイトは総合日本語サイトです
現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → インタビュー → 
06.28 14:01

2030年まで人工知能が全世界14%GDP増長を向上する

テキストサイズ

6月27日、行なわれた2017夏季ダボス(大連)でPricewaterhouseCoopersは発表した最新研究は2030年、人工知能は全世界GDP全世界GDP14%増長を向上する。

人工知能の商業影響を分析して、2030年、人工知能は世界の経済に15.7万億ドル貢献して、この数字は中国とインド両国の経済総量を超える。2016年――2030年の経済データ分析によると、2030年まで労働生産力の昇格が50%経済増長を与える。その他は人工知能が刺激した消費需要の出所。地域分布から見て、中国と北米が人工知能最大の受益者になると予定する。

 

 

 

 

 

 

(天健ネット日本語版)

 

    関連情報