現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → インタビュー
06.28 16:13

「中国式消費」はどんなにか全世界の経済に影響?

テキストサイズ

統計データによると、2016年、中国国内消費が全世界GDP増長で20%を占める。 今から2030年まで、中国消費者は全世界消費支出に貢献は他の国家を超えて、今の中国消費者はどのように変化するか? またどんなに全世界の経済を変えるか?27日行なわれた「中国消費階層は全世界を影響する」フォーラムで、司会者と参加者は相関的話題について、いちいち分析をする。

中国発展研究基金会副理事長劉世錦: 10年前に、おそらく70%があり80%の中国人に西洋ブランドが好き、ただ、今、この情況は変化が発生した。 特に家電と自動車産業、国産ブランドはますます中国消費者に歓迎される。 人々は高品質、高品質、高くサービスの良い物に好き。

Nielsen大中華圏総裁厳旋:3年前に、中国国産ブランドは市場シェアで31%くらいを占めて、2016年、この数字は35%に増加する。

 

 
 

 
 
 

 

    関連情報