現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → インタビュー
06.29 14:13

「気候の新たな動向」

テキストサイズ

27日、2017夏季ダボス(大連)の「気候の新たな動向」としてテーマ、参加者は気候変化が人間の共同挑戦と考える。世界銀行グループ財務総監Levy、気候組織大中華圏総裁呉昌華、オランダSybesmaはそれぞれとうして金融手段を通して、気候変化を対応することに提案に与え出す。

中国は去年の炭排出量が前年より6.6%下がって、計画目標が3.9%を超過して、気候変化に応える強度を維持している。

世界銀行グループ財務総監Levyは去年11月4日パリ気候協定が正式に有効して、2030年前、発展途上国が23万億ドル投資チャンスを与える。そのうちにアジア太平洋地区の中国、インドネシア、フィリピンとベトナムなど国の投資チャンスは16万億ドル達すると見込む。 2014年の中国再生可能エネルギー領域の投資が900億ドルに達して、世界を超えて再生可能エネルギー領域総投資の四分の一、中国はもう世界最大の炭市場になると述べる。

 

 

 

 

 

(天健ネット日本語版)

 

 

    関連情報