現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → インタビュー → 
06.29 14:16

大連企業、革新と増長に関心する

テキストサイズ

大連はホストとして、9社会員企業は夏のダボス会議に参加して、各国の参加者に思想と交流をして、世界経済を感じて、企業発展の構想を完善する。

2007年獐子島は夏のダボスの会員になって、獐子島グループ理事長呉厚は私たちは海洋の資源、海洋の生態、海上穀物倉庫、海洋牧場の話題に関心して、同時に、ダボスに大データ人工知能領域の研究成果を見ると希望して、与えた会社は今後戦略の昇級が助けることをもたらすと言う。

連続9回に夏のダボスの東軟グループ理事長兼CEO劉積仁は夏のダボスでインストラクターとして会議に出席する。 彼は教育が東軟グループの発展動向、同時にIT領域の大データ、クラウドコンピューティングなど各個方面も重要な動向だある。東軟グループは健康と革新の領域が投入があって、支給、コスト、未来医療体系の変革、新技術と医療など新たな技術革新を探索して、ダボスは業界の融合、資源統合を実現する。

 

 

東軟グループ理事長兼CEO劉積仁

 

獐子島グループ理事長呉厚

    関連情報