現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 特集 → インタビュー
06.29 16:37

第4回産業革命、包容性増長を実現

テキストサイズ

1988年、アメリカ下層中流階級市民の収入は中国富裕市民の6倍以上、今、双国の収入は.おそらく同じ、トルコとベトナムなど他の経済体も収入上昇が現われる。 しかし、同一の時期、世界5%の人口は全世界の半分財産を把握して、1/5の財産は世界の1%人口が占有する。28日、今回のフォーラムの参加者はシンガポール副総理兼経済と社会政策部部長尚逹曼、世界経済フォーラム執行委員会Nicholas Davis、滴滴出行総裁柳青、ソフトウェア販売部隊取締役会主席Benioff、ジョージメイソン大学経済学教授Tyler Cowen。

Cowen教授は長年以来、アメリカの給料は本当に増加しなくて、たとえ医療保健支出は18%を占めて、死亡率は予期より低くて、人々の寿命は過去の十年よりさらに短いだと述べる。

Cowen教授はインターネットが教育の役割に疑惑を抱かせる.。 彼は“教育を再び作る”に呼びかける。彼は大学の過度学術化を強調して、大学4年の学歴が社会要求と人材流動に満足しない、新技術の今に18年前の知識も下落して、人生の受益が満足しなく、 未来の私たちは教育の習慣を築くと述べる。

ある話は滴滴出行がタクシーに取って代わて.、これは別の不平等ですか?滴滴出行総裁柳青柳青は中国が1.5名自家用車主、2億台自家用車、1名運転手は1日で1.5回を利用して、それは毎日も3億回に達して、交通がサービスになって、これは巨大な収容市場と共有経済だと述べる。

 

 

 
 
 
 
 
(天健ネット日本語版)
 

 

    関連情報