現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ >
09.11 14:18

2017大連国際妊婦赤子児童博覧会を行なわれる

テキストサイズ

 9月10日、2017大連国際妊婦赤子児童博覧会は閉める。4つ日の見学者人数8万名を超える。紹介によろと、この博覧会は大連で初めて開かれた第一回国際博覧会、4つ日の博覧会は国内企業が出展して、ブランドが100余りに達する。この博覧会は大連市商業連合総会、大連市女企業家協会、大連市星海会展観光クループ有限会社は主催する。

紹介によると、2000年以来、中国妊婦赤子児童の経済は毎年30%の急成長に増えて、いままで中国はアメリカについで大きい妊婦赤子児童消費国家になる。また、2017年上半年、大連の新生児は35700名、同期より14%増える。

 

 

 

 

 

 

 

 

(天健ネット日本語版)

 

    関連情報