現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連ニュ-ス
09.21 10:18

大連:2020年末、ごみ強制分類を実施する

テキストサイズ

大連は全国46個ごみ強制分類都市の一つに入れる。紹介によると、大連は「大連市生活ゴミ分類管理方法」の準備作業を起始する。2020年まで、大連市内公共機構と関係企業は全面に強制分類を実施、生活ゴミ回収率は35%以上に達する。大連市城建局のテーダによると、2016年大連市中心都市毎日の生活ゴミ量3700トンに達する。

2011年毛茔子生活ゴミ埋立地は2019年まで閉めると予定し、大連は別の生活ゴミ埋立地を探さなげなばならない。要求によると、2020年末、大連市内公共機構と関係企業は全面に強制分類を実施、生活ゴミ回収率は35%以上に達する。新たなゴミ部類試験住宅区79個、8万市民を覆う。

 

 

 

 

(天健ネット日本語版)

 

    関連情報