現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > ビジネス情報
09.26 08:38

今年上半期の中国の電子商取引額は13兆3500億元

テキストサイズ

中国電子商ビジネス研究センターが19日に発表したデータによりますと、今年上半期の中国の電子商取引額は、前の年を27.1%上回る13兆3500億元に達したということです。  そのうち、企業同士の取引額(B2B)は9兆8000億元、インターネットでの小売分は3兆1000億元、暮らしのサービスに関するものは4500億元となっています。

 電子商取引は、一括購入、デリバリー、観光、配車、教育、チケット販売、マイカー、家事代行など、暮らしの様々な場面に浸透しています。このうちデリバリーサービスは取引額が半年で約906億元に達しています。

 また、海外品の取引をする「越境EC」も急成長しています。中国では、今年上半期の取引額が前の年を30.7%上回る3兆6000億元に達しており、うち販売が2兆7500億元、購入が8624億元となっています。

 中国電子商ビジネス研究センターの張周平部長は、「中国は経済構造がモデルチェンジしており、電子商ビジネスが新たな消費ニーズを生み続けている。新しい投資ブームを招いて、雇用の拡大や所得の増加につながり、起業やイノベーションに新たな成長の場をもたらしている」と述べています。

 

 

 

 

(中国国際放送局)

 

    関連情報