現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連ニュ-ス → 
02.11 09:26

大連部分海域の海氷、深刻な状態を現す

テキストサイズ

    遼寧省海事局は海氷情報を発表する。国家衛星海洋応用センターは2月4日、海氷リモート監視測定報告によると、遼東湾浮氷の範囲は72海里、氷の厚さ10―20センチメートル、最大の厚さは30センチメートルに達する。黄海北部の浮氷の範囲は16海里、氷の厚さは5-15センチメートル、最大の厚さは20センチメートル、海氷の面積は5223平方キロ。

    海氷が船舶航行と港湾生産に及ぼす影響を造成して、遼寧省海事局支局は砕氷船を出動して、港、水路、錨地など水域で24時間の砕氷を実施して、出入りする船舶の安全を確保する。

    

    (天健ネット日本語版)

    

    関連情報