現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連ニュ-ス → 
03.13 09:36

2月大連CPI、前年同期比べて4.5%上昇

テキストサイズ

    国家統計局大連調査チームが発表したデータによると、2018年2月には大連市消費者物価指数(CPI)が前年同期比4.5%上昇し、食品価格は5.7%上昇、非食品価格は4.2%上昇、消費財価格は3.1%上昇、サービス価格は7.2%上昇だった。1~2月のCPI平均値は同4.0%上昇した。

    2月には大連市のCPIが前月比0.8%上昇した。そのうちに、食品価格は3.6%上昇、非食品価格ほぼ同横ばい、消費財価格は0.9%上昇、サービス価格は0.5%上昇だった。

    今年2月、食品タバコ酒の同期比べて5.3%上昇した。そにうちに、果物価格は14.6%上昇、卵価格は20.5%上昇、水産物価格は11.1%上昇、乳製品価格は0.6%上昇した。家畜の肉価格は3.4%下がり、豚肉価格は8.0%下落、食用油価格は0.9%下落した。

    

    

    

    

    (天健ネット日本語版)

    関連情報