現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連ニュ-ス → 
07.12 10:36

2018年に最適な避暑観光都市として評価され、大連市は第1位

テキストサイズ


7月7日、中国観光研究院、中国気象局公共気象サービスセンターが共同で主催し、世界観光組織が支持する「第4回中国避暑観光産業サミット」が吉林省延辺朝鮮族自治州延吉市で行われた。サミットの中で、大連市は「中国の最高の避暑観光都市」と評価された。


大連は2018年に中国の最高の避暑観光都市となる


天気予報によると、大連の最高気温は25℃だった。そのため、7月には大連に来た国内外の観光客も上昇した。これによりますと、7日に行われた中国の避暑観光産業サミットで、中国観光研究院が「2018全国避暑観光都市発展報告」を発表し、2018年に避暑する都市の観測ポイント、最も避暑する観光都市、最適な避暑観光都市のリストを発表した。その中で、大連市、長春市、貴陽市、安順市、昆明市、ハルビン市、青島市、煙台市、延辺朝鮮族自治州、大理白族自治州は2018に最適な避暑観光都市として評価され、大連はトップにランクされた。


避暑旅行が注目されているから、中国は避暑地が必要だ


避暑旅行は巨大な潜在市場を持っています。中国は非常に多くの避暑地を作る必要があります。2017年に中国国内の観光者数は50億人に達し、その中で7、8月の避暑旅行は10億人を突破した。


毎年7、8、9月は大連の旅行の季節で、多くの観光客を引きつけに来て、大連は避暑する旅行の方面でたくさん仕事をしました。大連市の各海辺の浴場は無料で開放して、遊覧船などの海上の観光プロジェクトを提供し、多くの観光客を引きつけた。





    (天健ネット日本語版)


    関連情報