2018(第二十三回)大連国際自動車展覧会は8月15日開幕 _大連情報サイトは総合日本語サイトです
現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連ニュ-ス → 
08.10 07:30

2018(第二十三回)大連国際自動車展覧会は8月15日開幕

テキストサイズ

2018(第二十三回)大連国際自動車展覧会は、8月15~19日に大連星海会展センターと大連世界博覧広場で行われる。今回の展覧会の規模は12万平方メートルで、車両1386台を出展します。


今回展覧会のテーマは「生産と販売の融合を強化し、自動車の消費を促進し、経済成長を促進し、自動車の文化を展示する」ということで、全世界限定のアストンマーチンDB11 NC500、ランボルギーニスーパーSUV URUS、ベントレーの新金欧陸GT、マセラティLevante SUV、ポルシェ911 Carreraなどは大連国際自動車展覧会で登場する。


今回の展覧会では、国内で最も有名な自動車グループの上汽、一汽、東風、広汽、長安、北汽など、奇瑞、長城、比亜迪、伝祺、海馬、漢腾、江淮などが展示されている。


展覧会の中で、国家税務総局大連市税務局、大連市公安局交通警察本部は、車の購入税の携帯電話の納税宣伝のプレゼンテーションのイベントを行われる。


具体的な情報:


1.展覧会の時間:8月15日から8月18日10:00 - 19:00、8月19日10:00-17:00、5日間の展示を行われる。


2.展覧会の場所:大連星海会展センター、大連世界博覧広場;


3.チケット価格は20元。


4.大連国際自動車展覧会ウェイシン公衆番号(autodalian)






    (天健ネット日本語版)

    関連情報