現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 経済ニュ-ス → 
02.12 07:49

春節連休中、全国の観光客数は延べ4億1500万人

テキストサイズ

各地の文化・観光部門、通信事業者、オンライン旅行サービス業者のデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が総合的に推算したところ、今年の春節(旧正月)連休中の全国観光客数は前年同期比7.6%増の延べ4億1500万人に達した。観光収入は8.2%増の5139億元。中国文化・観光部が10日に発表した。


家族旅行、敬老旅行、親子旅行、文化・レジャー旅行が連休中の主な観光・レジャー方法になった。春節連休中には各地で彩り豊かな文化・旅行イベントが催され、春節ムードを盛り上げた。北京市、山西省、内蒙古自治区などの12省・自治区・直轄市は「無形文化遺産で年越し、各世帯に文化をもたらす」文化イベントを開催した。「博物館で年越し」は多くの観光客と市民から好評を博した。


中国観光研究院の調査によると、春節連休中に博物館を訪れた観光客の割合は40.5%、美術館は44.2%、図書館・科技館は40.6%、歴史文化街は18.4%にのぼり、各種文化ショーを観賞した観光客は34.8%。


民俗イベント、文化展覧などは連休中の生活を豊かにした。全国各地の県・郷・村が彩りあふれる文化・旅行イベントを催した。廟会、謎解き、旅行・文化巡業などのイベントにより、農村で新春を祝おうとする観光客が集まった。いちご狩り、みかん狩りは親子旅行の人気イベントになった。


また「歓楽春節」イベントが世界133カ国・地域の396都市で、ショー、展覧、廟会など1500以上のイベントを催した。美しい物語で、中華文化を広めた。






(チャイナネット)


    関連情報