現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > ビジネス情報 → 
03.14 09:54

中国の国際特許出願件数が増加、世界の革新のリーダーに

テキストサイズ

    欧州特許庁(EPO)が発表した2017年度報告書によると、中国からの特許出願件数が再び記録を更新した。EPOは昨年、16万5590件の国際特許出願を受け付け、前年比で3.9%増となった。うち中国は16.6%増の8330件で、初めてトップ5に入った。2008年の段階では1510件のみだったので、9年間で5倍以上になった計算だ。EPOは、中国は特許出願件数トップ10の中で、16.6%という成長率を示し最も力強く発展しており、「EPOの発展を促すリーダーであり続ける」と強調した。

    同報告書はまた、世界企業の特許出願件数ランキングを発表した。ファーウェイは2398件で初めて首位になり、シーメンスが2220件で2位となった。3−5位はLG、サムスン、クアルコムと国際科学技術企業が後に続いた。ファーウェイの他にも、中国のZTE、シャオミ、京東方、比亜迪、アリババなどの企業も積極的に出願し、ランキングに名を連ねた。

    デジタル通信は中国の特許出願プログラムの中で最も高い割合を占めている。半導体、有機精密化学、バイオ技術などを含む特許出願プログラムの数も、前年と比べ大幅に増加した。EPOは同報告書の中で「これは中国の技術特許の内容が拡大を続けていることを意味する。中国による出願は、デジタル通信、コンピュータ技術、通信技術という3つの技術分野に集中している。中国で昨年、最も力強く発展した技術特許プログラムには、他にも測量、有機精密化学、バイオ技術などが含まれた」と指摘した。

    ベルギーのシンクタンクの上席研究員は「中国の特許出願件数は2年間で3位浮上しトプ5に入った。これは中国政府の知的財産権への重視があってのことだ。中国はすでに知的財産権を経済政策の重要な構成部分としている。革新は知的財産権の重点的な開発と保護が不可欠だ。特に再生可能エネルギー、航空・宇宙、生物化学などの重要産業の知的財産権を保護する必要がある。中国政府のこの措置は、中国が将来的に世界の革新リーダーになることを促す」と述べた。

    

    

    

    (チャイナネット)

    関連情報