現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > ビジネス情報 → 
03.13 09:32

中国進出の外資系企業、「外商投資法」の実施に期待

テキストサイズ

3月10日に開催された第13回全国人民代表大会(全国人大)二次会議代表団全体会議で、「外商投資法(草案)」が審議された。この外資系企業投資の新たな基礎法律も注目されている。中国で経営を行う外資系企業にとって、この法律の制定はどのような意味を持つのか?どのような実情に対応しているのか?中国での経営にどのような影響を及ぼすのか?人民日報記者が、中国に進出する複数の外資系企業幹部を取材した。


中国は改革開放の実施以降、「中国・外国合資経営企業法」、「中国・外国経営協力企業法」、「外資企業法」の「外資三法」と呼ばれる法律を中心に外資系企業の投資法律体系を確立してきた。「外資三法」から「外商投資法(草案)」に至るまで、中国で経営を行う多くの外資系企業は、中国が外資の実情に対応する努力を目の当たりにしている。


「外国企業による中国投資の開放プロセスに対応するため、『外資三法』は何度も改正されている。外国投資家はその間、中国が外資系企業の投資に対する監督管理、特に各業界の市場参入を徐々に緩和するのをみてきた」。昭勝・リンクレーターズ共同経営事務所パートナーの劉堅中氏は、新たな外商投資法が「外資三法」に取って代わり、中国による外資系企業投資の促進と保護に関する統一的な基礎法律になるとの見解を示した。この大きな動きは今後、中国での外資系企業の発展基調を強固にし、外資投資企業に対する本国企業と同様の待遇を保障するとみている。


ローソン(北京)有限公司副総経理の車文焕氏は、これまでの「外資三法」が企業管理と経営を重視していたが、今回の「外商投資法(草案)」が投資の観点から立法され、内容が一層豊富になった上、外資系企業投資を最大限に促進、保護、管理するもので、その発表が待ち望まれるとの見方を示した。

「ロレアルは20年余りにわたり、中国の改革開放の証人、参与者であると同時に受益者となっている。特にここ数年は、減税・負担軽減から『放管服(行政のスリム化と権限委譲、監督管理能力の強化と権限委譲との両立、行政サービスの最適化)』に至るあらゆる面で支援政策と新たな措置が発表され、実施効率も上がり続けている。中国の改革開放実施から40年後の新たなスタート地点において全人代が『外商投資法(草案)』を審議することは、中国に進出する外資系企業の共通の望みであり、中国の開放推進、ビジネス環境改善、経済グローバル化の決意を示している」。ロレアル中国CEOのステファン・リンダネック氏はこう話している。


外資の参入に対する内国民待遇ネガティブリスト管理制度の確立や国内外企業の公平な待遇の保障、外資系企業の権益保護の強化など、「外商投資法(草案)」が多くの面で中国の投資環境の合理化を図るものとなっている。


メルクグループ中国総裁のアラン・ガボー氏は、同草案が知的財産権の保護を重視していることを喜んだ。「メルクは科学技術企業として、全ての事業で先端技術と特許を扱っている。特許の審査や執行を含む知的財産権保護システムはイノベーションを喚起し、イノベーションは中国経済と世界経済の重要なエンジンとなるため、当社はその発展を楽観している」と述べた。








(チャイナネット)


    関連情報