現在位置 : 天健ネット > 日本語版トップ > 大連ニュ-ス → 
03.28 10:02

旅行ラッシュが近づき、南方航空大連支社は観光航空線が増便

テキストサイズ

中国航空会社大手の中国南方航空大連支社は27日、大連支社の航路に関する説明会を開いた。3月31日から10月26日まで、南航大連支社の年内航路が51本に、その中で、国内路線が42条、国際および地域の航路が9本、50の国内外の都市と地域に通航しました。国内では主に大連—長沙—麗江、大連—黄山—揭陽、大連—南昌—南寧、大連—徐州—貴陽など就航路線が増え、国際を結ぶ主要航路で、毎週3組の大連—日本札幌新定期便路線に就航し、大阪と名古屋の航空線が増便します。


清明節と「五一」連休と旅行ラッシュが近づき、国内と国際航路を多くの人が利用することが予想される。杭州、寧波、南京などの華東地区の都市は人気があり、航空券の価格はほとんど6~7割引になります。






(天健ネット日本語版)


    関連情報